2018年07月30日
介護保険住宅改修助成金
今日の午前は、お風呂リフォームの打ち合わせにいきました。

6/23のTOTOのイベントにご来館くださった方です。
お風呂をリフォームする時、介護保険の認定を受けている方は住宅改修費の助成金制度があります。お母様の年齢は90歳を越え、杖をついて歩いてあるいています。
介護認定を受ければ介護保険の住宅改修助成金+金沢市独自の高齢者住まいづくり制度が併用できるので認定を受けることをおすすめいたしました。

ようやく先週、認定が下りたので、本日、ケアマネ−ジャ−さんとご本人様、ご家族と一緒に現地調査をさせていただいたわけです。

現在は浴槽が深すぎて出入りできないので、自宅では入らずに銭湯に通っておられますが、それもだんだんと苦痛になってきたので、寒くなる前にお風呂を直して、自宅で入れるようにしたいとご希望されておりました。

180730.jpg

で、第一歩の介護認定が下りたので 次のステップの書類作成、申請作業に進みます。
介護保険はとっても書類が多いのでなにかと (^_^;) 図面、写真、お見積り、その他もろもろの申請書類.... 
市役所の工事認定が降りるまで工事着工はできないのでもう少し時間がかかってしまいます。
もうしばらくお待ち下さいまでm(__)m

午後は、介護保険課に行って 併用できるのかどうか、同意書を持参して調べていただいております。住まいづくりは所得制限があるので、申請の前にその調査をあらかじめ受けなければならないのです。返事は明日以降になりました。

TOTOリモデルクラブでは只今グレードUPキャンペーン実施中です。
システムバスの普通の換気扇を無償で暖房換気扇にすることができるんです。お得ですね!







ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の創業大正12年:4代つづく工務店です

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています