2017年09月08日
手摺&段差解消工事
今日は介護保険の住宅改修制度を活用してのバリアフリー工事(手摺の取付、段差解消)でOB客様宅を訪問させていただきました。

ご本人様、ご家族、ケアマネージャー、理学療法士と総勢8人となりました。
寝室はもちろん、トイレ、洗面などの日常動作を行っていただき、問題点を把握、手摺や段差解消などを話し合いました。

190908b.jpg


170908.jpg

敷居の部分にレールがでっぱっているところが2ヶ所、トイレや洗面に移動する途中にあります。この出っ張りをなくして、フラッターレールにすることになりました。
出っ張りがなく、凹のレールです。

介護認定受けていらっしゃいますが、認定変更は、来週下りる予定です、書類の準備を先にすすめさせていただきます。

金沢市の介護保険制度
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/23025/download/shimin/kaigo_7.html

住宅改修助成金の受取方法には2通りあります。
償還払いと受領委任払いです、違いは工事代金を全額支払ってから、手続き終了後に助成金を受け取る方法と自己負担金だけを支払い、助成金は施工業者に支払われる方法です。
受領委任払いだと、1割の自己負担金だけなので、大きな費用を準備する必要がありません。
ただし、受領委任払いは金沢市の認定を受けた指定業者のみの取扱です。

私ども、嶋田工建は金沢市の認定業者をうけておりますのでご安心ください。

昨日、書類の作成でご家族とケアマネさんと打ち合わせをさせていただきましたが、マイナンバーになってから書類がふえて手続きが複雑になりました(^_^;)
ご高齢の方に多くの書類をご記入いただくのは申し訳ないので、もっと手続きが簡単になるといいのですが...  マイナンバーになると行政手続きが楽になるという話でしたが なんだか逆行してるような気がしてます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ_ 
ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の3代つづいている工務店です。
新築、リフォーム、バリアフリー住宅修理、身近な工務店です


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています