2008年04月28日
まるごとリフォーム その30
玄関吹き抜けの階段から渡り廊下へ手摺り工事が始まりました。
リフォームからリノベーションへ。ご家族の暮らしを快適に提案します

総長約15mの手摺りです。
柱などの材料は解体時に大事に残しておいた「けやき材」を使用して製作しまた。が、加工が大変。釘をしっかり抜いたつもりでも錆びて折れたものがなどが中に残っており、加工機の刃はすぐにボロボロ。
加工場内での作業が、通常の3倍以上かかりました。しかし、手摺りの柱などはなかなかいいもんです。
さぁ組立開始です!
古材も加工すれば立派な素材です。住宅もエコの時代です。

最も作業の簡単な所からはじめて、こつを掴み じょじょに難しい所へと。
手作りの手摺りや壁を職人が一生懸命に作っています

よしよしと納得している若手職人を尻目に
「ありゃ〜こりゃ〜また大変やぞいね」と塗装屋さんがポツリ・・・

ポチっとお願いします。ブログランキングに参加しています。 
嶋田工建のクリックお願いいたします快適住まいをクリックお願いいたします ご協力ありがとうございました。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています