2009年02月27日
便所の神様
今朝の新聞に目をとおしていたら「便所の神様」の記事があった。
そういえば....昨年のトイレリモデルの時に製作した
トイレ空間「宙」soraにも飾ってあったと思い出した。

ドアも便器の蓋も背面パネルも輪島塗、手洗い器は九谷焼の豪華なトイレ空間でしたね−
あの時、隅っこに小さく置いてあった。
TOTO方に「これは何?」と尋ねたら「トイレの神様で加賀ではトイレに置く風習があるらしいです」とお聞きした、あの時に便所の神様人形を初めて知ったのでした。

トイレリモデル

矢印の部分に置いてありましたが、この写真ではわからないですね

その昔、男女1対の人形を、半紙に包み水引をかけ埋めるという習わしがあったそうですが、水洗式になってからは廃れてしまったようです。
考えてみれば、埋めてしまって人の目に触れないのですから、普通の人が知らなくても当然かもしれません。が...
あの時、輪島塗に目をとられ、人形の写真は撮らなかったのがちょっと悔やまれますね−

幼少の頃は、釜戸にも、井戸にも神様がいると母がお正月の飾りをしていました、トイレに神様がいても不思議ではありませんが、トイレに飾ってあったのかは覚えていません。
年齢がばれてしまいますね( ;^^)

2つポチをお願いいたします。皆さまのご協力が毎日の励みになっております。快適住まいをクリックお願いいたします嶋田工建のクリックお願いいたします 
ご協力ありがとうございました(^^) 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています