2009年02月26日
古い契約書:築72年の住宅
おはようございます。さて、昨日の続きです。
国土交通省の委託をうけ「長期優良住宅」の調査をおこないました。
それで、以前にたてさせていただいたお宅を訪問させていただいた時のことです

またまたでてきたんですねぇー
きのうは、初代棟梁である私の祖父が昭和初期に建てさせていただいたお宅の住宅調査をさせていただきました。その時にお客様が大事そうに抱えて持ってこられた書類。この家の図面と契約書.見積書です。すでに70年以上も時が流れております

70年以上前の図面と契約書です

はっきりと「嶋田甚太」と祖父の名前と、お施主様の先々代の方の名前が書かれております。
いや〜びっくりです、また出てきましたね。戦前の古い書類を見せていただいたのは、これで3度目です。世代をこえてその家に受け継がれてきたんですね。大切に保管されており、胸が熱くなりました。ありがとうございます。

こうやって長きにわたり工務店として続けてこられたのも、みな様お抱え大工としてかわいがっていただいたことにほかなりません、あらためて、社員一同 感謝申し上げます。

2つポチをお願いいたします。皆さまのご協力が毎日の励みになっております。快適住まいをクリックお願いいたします嶋田工建のクリックお願いいたします 
ご協力ありがとうございました(^^)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています