2008年04月30日
介護保険住宅改修助成金制度
GW中日で、今日は平日でしかも月末。バタバタとした1日でした。


新たにバリアフリー工事の依頼をいただきました。ありがとうございます。お客様宅を訪問。ケアマネ−ジャーさんとご家族、ご本人と入念に打ち合わせ。介護認定を受けておられるので、介護保険住宅改修助成金制度を利用しての工事をすることにしました。
そのために必要となる、住宅改修申請書類作成、工事前の写真など撮らせていただくことに。

正直言って、申請書類は5枚もあり、全部に介護保険認定番号、氏名、年齢、誕生日など書いていただくのは大変なことです。しかし、工事金額の90%(最高で20万まで、還付金は18万)が戻りますから、ちょっと手間でも自己負担額が少なくてすみますからありがたい制度です。
だけど、もう少し手続きが簡単になってくれるとうれしいんですが。

バリアフリー工事の施工例はこちらをご覧ください。


介護保険制度には、介護サービス以外に、
1.住宅改修(20万まで)
2.福祉用具レンタル(9割助成で自己負担1割)
3.福祉用具購入費(1年間に10万まで)

3種類の助成金制度があります。もし介護認定をうけていらっしゃるならば、この制度を上手にご利用ください。認定を受けられていても、この3つの助成金制度のことは知らない方がかなり多いのです。利用しようと思われる方は まずは担当のケアマネさんにご相談なさってください。

ご自宅で、安心で快適に暮らせるよう願っております。

ポチっとお願いします。ブログランキングに参加しています。 
嶋田工建のクリックお願いいたします快適住まいをクリックお願いいたします ご協力ありがとうございました。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています