2008年01月29日
家庭内事故が増加
 こんばんは!今日も寒かったですね。風邪をひかないように体調管理にはご注意下さいね。

さて【家庭内事故死】って言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?ドキッとする言葉ですが、現実のことなんです。家庭内事故について気になる記事があったので紹介いたします。
家庭内事故死とは文字通り、ご自宅の中で 転倒・ヒートショック・溺死などが原因で死にいたることです。

 高齢化社会をはっきりと映し出し 死亡者数は年々増加しているのです。平成18年度の交通事故死は9,048人。 
家庭内事故死12,152人
驚く数字です。数年前から 交通事故よりも家庭内事故でお亡くなりになる方がはるかに多くなっています。これは住宅にかかわるものとしては胸が痛みます。

住み慣れた住まいが、時には残酷にも凶器になることもありうるのです。
介護リフォーム。バリアフリー工事はおまかせください。石川県バリアフリー住宅改修業務登録工務店です
では どうすれば減らせるのか?

完全になくすことはできませんが、バリアフリー工事や高気密高断熱住宅で温度差をなくす工夫によってかなり減らせると思います。たった1本の手摺りでも必ずお役にたちます。バリアフリーや断熱リフォームについて疑問やご相談がありましたら、遠慮なくお声をかけてください。

ポチっとお願いします。ブログランキングに参加しています。 
嶋田工建のクリックお願いいたします快適住まいをクリックお願いいたします ご協力ありがとうございました。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています