2017年11月27日
バリアフリー
今日は小春日和ですね。
この時期のお日様はとてもありがたいです(*^_^*)

さて、10月に更新講習を受けた バリアフリー住宅改修事業者者登録証がとどきました。

171127.jpg

5年ごとの更新です。

今日は、先週、介護保険住宅改修制度を活用して手摺と段差解消工事をさせていただいたM様宅を訪問。工事完了届けにご記入&捺印、そして施工後の写真を撮らせていただきました。お時間いただきありがとうございました。

話は元に戻ります。この制度の事業者登録がされていると介護保険住宅改修で、受領委任支払いが選べます。
何が便利かと言いますと自己負担の1割だけお支払いただくものです。
(一部の方は2割です)

工事代金の支払方法は2つあり、償還払い と 受領委任払いです。
償還払いは一旦、全額を支払い、後日、9割の払い戻しを受けます。
受領委任払いは自己負担分だけを支払い、残りの9割は市から、施工業者に支払われます。

ですから、大きなお金を用立てる必要がありません。

受領委任払い制度を利用できるのは このバリアフリー住宅改修事業者登録されている工事店だけになります。

登録業者は金沢市のHPから検索することができます。
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/23025/download/shimin/kaigo_7.html


最終的に支払う金額はどちらの制度を利用しても同じです。
同じですが、一旦払って後日戻るというシステムより 1割だけ払ったほうが、一時的な負担が減りので便利ですね


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ_ 
ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の3代つづいている工務店です。
新築、リフォーム、バリアフリー住宅修理、身近な工務店です


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています