2016年02月05日
気密検査:気密測定
昨日は待ちに待った気密検査の日でした。
待ちに待ったと言いながら内心ちょっとハラハラ。
全社員集合で検査を見守ります。

下地の状態で検査を受ける意味は何かあったら直せるというのはもちろんですが、完成時もしくは壁や天井を張ったり工事が進むにつれて値が良くなっていくのは当たり前なので、あえて気密シートをはったままの隠しようがない最も気密値が低いであろう今、むきだし状態でどれだけの気密がとれているのか検査しました。

160205a.jpg

結果は【0.35!】
 (検査結果は四捨五入で0.4になります)
ほっほぅ!!!安心したような、なんとも言えない気持ちでした(笑)
2500件を超える検査をなさってきたとおっしゃる検査士の方にはこの状態で0.35とは!なんて抜群な値!と言っていただきました(^^)

でも欲張りな私たち...総出でどこから漏れてるんだ!と調査です。

160205b.jpg

玄関ドアの下モルタルの箇所、玄関ドアのパッキンがドア本体の養生によって浮いていました。原因を突き止め、それからは検査士の方と気密断熱話のオンパレード(笑)
弊社の工法をとても褒めていただき、また数々の経験をされた勉強になる内容の濃い時間でした。検査していただきありがとうございます。


検査士さんのブログにも紹介していただきました。
こちらもご覧くださいね。

気密断熱研究家の社長:山男のつぶやき


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ_ 
ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の3代つづいている工務店です。
新築、リフォーム、バリアフリー住宅修理、身近な工務店です


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています