2016年01月18日
供給地点特定番号:電力自由化
今年の4月からこれまで選ぶことができなかった電力会社を選ぶことができるようになります。最近ではテレビでも電力自由化という言葉をよく聴くようになりました。

「電力自由化」って何?160118.jpg
これまで私たちは、地域の電力会社と契約し、電力を買っていました。ここ金沢では北陸電力です。
4月からは電力の購入先を自由に選べるようになるんです。
すでに100社以上の民間企業が名乗りを上げています。
各社、携帯や電話とセットでお得、ポイントがつく etc いろんなサービスプランを打ち出してくるようです。

コレに伴い、全国一律の番号が割り振られることになります。それが


【供給地点特定番号】


電力会社のお客様番号とは違います。

供給地点特定番号とは電気の使用場所を特定するための番号で22桁の数字で発行されます。電力の購入先を変更するときはこの番号が必要となります。お住まいの電力会社から通知が届くので葉書が届いたらご確認ください。

マイナンバー制度も本格的に始まるので混同しないようにしないと^^; 

簡単に言うと 過去に電話の世界で同じことがありました。NTT1本から ソフトバンクやKDDIなど電話会社を選べるようになりました。それとまったく同じことが電力の世界でも起きるのです。

これからどんな料金プランやサービスプランがでてくるのでしょうか?

160118b.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ_ 
ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の3代つづいている工務店です。
新築、リフォーム、バリアフリー住宅修理、身近な工務店です


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています