2014年11月29日
階段手摺ネタ
今日も手摺ネタです<(_ _)>

OB客様から階段の手摺取付のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

しかし、すでに片方には手摺ついているのです。
「これから冬になると、外出が減り足が弱くなってしまう。だから2階で寝て、階段で運動しようかとおもって、だから両方にあったら安全だから」

取り付けることはできます。
以前お風呂をバリアフリー仕様にリフォームした時に、介護保険と高齢者住まいづくり制度両方を活用し全部使ってしまったので、今回は補助金は活用できません。だから工事費は全額自己負担になること
そして、手摺を取り付けると通行巾が狭くなることをお伝えしました。

数時間後、お電話をいただき、測ってみたら、たしかに狭くなる。両方に手摺があったら便利やと思ったけど、狭いのも嫌やし...
というわけで、いったん保留となりました。

手摺は安全のために必要ですが、時と場合によっては邪魔になることもでてきます。車椅子で通る時などに狭くなる、肩に当たるなどの支障がおきることもあります。
お体の状態や家庭の事情によってもいろいろですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ__   ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の3代つづいている工務店です。
新築、リフォーム、バリアフリー住まい修理、身近な工務店です

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています