2006年12月20日
電話応対について
昨日 NTTの電話帳広告の方が見えられました。
5日前にお電話をいただいたのですが、つい いつもの迷惑電話と勘違いをしてしまし警戒した応対になってしまい、平謝り,m(_ _)m
「NTT代理店○○○」「NTT特約店○○○」など頭にNTTがつく迷惑電話がとても多く(通話料を安くする、電話機FAXの販売、ネット関、広告など)電話だけでは相手の方を確認できませんから頭にNTT○○と聞くとつい警戒してしまうようになったのです。
向こうの方も 応対の仕方が電話代行かな?と感じたそうです。
「お互いに警戒しながら話していたんですね−」と笑ってらっしゃいました。

お互いに警戒しながら話す? って何か変?
電話は窓口と同じですから きちんとした対応が求められますが、顔が見えないだけにむずかしいですね−

今では銀行に電話しても答えてくれません。電話では本人確認ができないからです。
来年から10万以上の振込の時、本人確認が必要となり免許証などが求められます。殺伐とした時代 信じていいのか?悪いのか? 判断に苦しむことがあります。

ブログランキングへ  クリックお願いします

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています