2012年03月31日
手摺り取付工事:介護保険適用
今年度も終わりですね。
と言っても、特別なにか変わるわけではないのですが(笑)

さて、OB客さまより、手摺りをつけて欲しいとご依頼をいただきました。
建てさせていただいたのは昭和63年のことです。ずいぶんと時間がたちましたね。当時ではめずらしく、室内はフラット。廊下と居室にはすべて段差がなくバリアフリーになっています。トイレ、浴室にも手摺りがついています。
バリアフリーが普通の家庭でも一般的になったのは、介護保険制度ができたあたりからですから、今から10数年前のことです。

ですが、玄関の上がり框部分だけは、段差があり、手摺りはありません。
当時はお元気でしたから、見た目もあって玄関には必要ない。もし必要になった時につけたらいいとのことでした。
120331.jpg

このように補強板をとりつけてT字型の手摺りを取付させていただきます。框の部分にも、25センチの段差を小さくするために、踏み台を設置します。
身体的、精神的負担を減らし、安全に移動できるようにするためです。

先月、介護保険の認定をうけられたので、住宅改修制度を利用して取付させていただきます。20万までの工事については9割が介護保険からでるので、実質1割の負担で工事をすることができるんですよ。

申請書類の作成、代行もおこなっています。
金沢市の介護保険住宅改修のページはこちらです



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ 人気ブログランキングへ ポチッとお願いいたします
押していただくとブログランキングがあがります。
皆さまのご協力が毎日の励みになっております。
ご協力ありがとうございます!(^^)!

石川県金沢市の3代つづいている工務店です。
新築、リフォーム、バリアフリー住まい修理、身近な工務店です

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています